その情報 詳細はよ!

テレビ番組等で紹介された様々なやり方、対処法、おすすめをまとめています。

ハンバーグ ソーセージ 野菜炒め 冷めても美味しい一工夫5選

出来立てだと美味しい料理でも冷めると美味しくなくなってしまいますね。例えばお弁当のオカズ、時間が経って冷めているという事もあって美味しくない、お弁当だから仕方ないと多くの人が思っていると思います。

そこで一工夫!

冷めても美味しいオカズの作り方お弁当に入れたハンバーグやソーセージが冷めても美味しい!出来上がりに不満のある料理も一手間で激変します。そんな料理方法をまとめました。

テレビ番組等で紹介された料理のコツ5選です。目次よりお目当てのオカズをお選び下さい。

 

冷めてもジューシー美味しいハンバーグの作り方

牛肉100% 無添加こだわりハンバーグ【北海道産の玉葱を使用】120g×10個(1.2kg)/真空個包装 牛肉本来の美味しさにこだわった本物志向の方に 冷凍発送 化学調味料・合成保存料・合成着色料不使用

 

子どもが好きなお弁当のおかずランキング3位は「ハンバーグ」です。子どもに限らずハンバーグがお弁当に入っていると嬉しいですね。

しかしながら、出来立ては肉汁が溢れ出しジューシーなハンバーグでも冷めると箸で割れないくらい硬くなってしまい、肉もボソボソになってしまいます。

それがお弁当のハンバーグと諦めてしまってる人も多いと思います。そこで一工夫!冷めてもジューシーなハンバーグを作るには

『ゼラチンを入れましょう!』

 お菓子のゼリーなどを作る時にも使われるゼラチンは、コラーゲンで出来ています。ハンバーグを作る時にゼラチンを入れるのが一工夫です。

【冷めても美味しいハンバーグの作り方】

1.一般的なハンバーグの材料を入れボウルでこねる
2.そこにゼラチンを入れてこねる
3.中までちゃんと火が通るように弱火でじっくり焼く

 

【なぜ冷めてもジューシーなままなのでしょう?】
ゼラチンを加える事で、ハンバーグの中の肉汁をゼラチンがコーティング!そのおかげで、時間が経ってもしっとりしたハンバーグが出来上がります。柔らかい状態をキープしているので食べ比べるとその違いは歴然!

 

子どもの好きなお弁当ランキング5位の「ミートボール」にもゼラチンは有効です。ゼラチンを入れたミートボールは冷めても柔らかい状態をキープ出来ます。

ひき肉にゼラチンを入れる方法は、街のお弁当屋でも取り入れているそうです。お弁当のハンバーグが冷めても美味しい秘密はコレだったんですね。

この情報は「世界一受けたい授業」等のテレビ番組で紹介されました。

 

 

冷めてもパリッと!お弁当のソーセージの一工夫

ポークソーセージ 1kg 業務用 50本 プロ仕様の粗挽きウインナー・ポークソーセージ1kg・

 

子どもが好きなお弁当のおかずランキング4位は「ソーセージ」です。出来立ては、パリっとした食感が美味しいソーセージ!

しかし、普通に炒めただけだと冷めた時にシナシナになってしまいます。上手に焼けたソーセージをお弁当に入れても食べる頃にはシナシナに・・・お弁当だから仕方ないと思って食べてる人も多いと思いますが

ソーセージはやっぱりパリッとしたものを食べてもらいたいです。そんなソーセージのお悩みを解決する方法、冷めてもパリッとしたソーセージにするには・・

『焼く前にボイルすればOK!』

ソーセージを焼く前にお湯でボイルする、コレが一工夫です。

【パリっとしたソーセージの焼き方】

1.普通にソーセージをボイルする

2.ソーセージを取り出し、ボイルした鍋のお湯を捨てる

3.その鍋でソーセージに少し焼き目を入れる(油はひかない)


【ボイルすると、なぜシナシナにならないのでしょう?】

ボイルした後で熱を加えるとソーセージの皮が締まり、ただ焼いただけのソーセージよりもパリパリ感をキープ出来るのです。

この方法で焼いたソーセージは、冷めてもパリっとした食感をキープ!ソーセージを折った時にパキッ!という良い音がちゃんと鳴ります。

お弁当にソーセージを入れる時には、是非この焼き方をお試し下さい。この情報は「世界一受けたい授業」等のテレビ番組で紹介されました。

 

我が家では、フライパンでソーセージをボイルして、お湯を捨て、少し焼き目を付けるというやり方でやっています。フライパンだとお湯も少量で済むので便利ですよ。

 

 

冷めてもシャキシャキな野菜炒めを作る方法

 「野菜炒め」と言うと中華料理の厨房を思い浮かべ、強火でサッと炒めて手早く仕上げるのがシャキシャキになるコツ!と思っていませんか?

これは半分正解で半分間違いです!

中華料理屋さんは、かなりの強火で野菜を炒めますが常に鍋を振り続けて、とても短い時間で野菜炒めを仕上げるので美味しくできます。

中華料理屋さんと同じ事を一般家庭のコンロの火力でやるのは難しい!出来立てはシャキシャキな野菜炒めになりますが、時間が経つとともにシナシナになっていきます。

野菜炒めがシナシナになる原因は、熱によって野菜の細胞が壊れ中から水分が出てしまうからなのです。

 

『シャキシャキにするには、極弱火でじっくり炒める』

これが家庭で野菜炒めを作るの時の一工夫です。作り方は、中華料理屋さんと真逆!

 ・極弱火で、野菜を傷つけないようにゆっくりかき混ぜる

・フタをして7~8分、極弱火のまま加熱する

 

野菜の炒め方をちょっと変えただけで冷めてもシャキシャキの野菜炒めが出来ます。

野菜の細胞を壊さずに熱を加えているので、時間が経ってもシナシナになりません。強火でサッとは中華料理屋さんだから出来る芸当。

野菜炒めの作り方としては正解なのですが、一般家庭では難しいのです。家庭で美味しい野菜炒めを作るなら、極弱火でゆっくり作りましょう。

 

電子レンジを使う方法もあります!

『先に電子レンジで1分ほど温める!』

600wの電子レンジで野菜を約1分温めます。これにより野菜の温度が約60℃くらいまで上がります。60℃ぐらいだと野菜のペクチン質が硬いまま残り、これがシャキシャキ感に!

こうして加熱しておいた野菜をフライパンで1分程炒めます。サッと炒めることでシャキシャキ感のある美味しい野菜炒めに仕上がります!

 

【シャキシャキ野菜炒めの作り方】

材料⇒キャベツ1/4玉、ピーマン2個、もやし1/4袋、ニンジン1/4本

1.野菜を食べやすい大きさに切る

2.ニンジンのみレンジで1分加熱、他の野菜は30秒加熱します。

3.加熱した野菜を1~10分置いておく

4.油を敷いたフライパンで1分程炒める

5.塩・胡椒などで味付けをして完成!

 

この情報は、「世界一受けたい授業」等のテレビ番組で紹介されました。

2つの方法の共通点は「野菜を傷つけない事」シナシナになってしまう原因が野菜が傷ついて、そこから水分が出てしまう事らしいので、激しくフライパンを振ってかき混ぜてはダメってことですね。

 

 

水っぽくない!焼きそばを美味しくする4つのコツ

 キャンプやバーベキュー等でもよく作られる焼きそばは、簡単に作れる料理の上位に入る料理ですが、間違った作り方をすると麺がベチャベチャになり美味しく仕上がりません。

たかが焼きそばと侮るなかれ、テレビで放送していたプロの作り方を紹介します。

 

【焼きそばを美味しく作る4つのコツ】

材料は、豚バラ肉、キャベツ、市販の麺の3つ、シンプルな焼きそばの作り方です。

1.豚バラ肉、キャベツを1口サイズに切ります。

 

2.フライパンを強火で熱する。

 

3.豚肉をフライパンに入れ、肉の色味が少し変わったらキャベツを入れます。

ポイント①豚肉とキャベツを一緒に炒めることで、豚肉の油がキャベツを美味しくします。

 

4.豚肉とキャベツをある程度炒めたら、一旦フライパンから取り出します。

ポイント②具材と麺は別々に炒めることが重要!具材と麺を一緒に炒めると焦げやすくなる上、具材から出る水分を麺が吸ってしまい、麺がベチャッとしてしまいます。

 

5.次に麺だけを炒めます。熱したフライパンに麺を入れ、すぐに水を入れ、フタをします。

ポイント③麺はほぐさずに蒸します。市販の麺は水分が少ないので無理やりほぐすと千切れてしまう場合があります。無理にほぐさず蒸すことで、水分を吸ってモチモチの麺になります。

 

6.約1分後にフタをとり麺をほぐして水分を飛ばします。

ポイント④強火で水分をしっかり飛ばす、ここで水分を飛ばさないとベタベタした仕上がりになります。

 

7、先に炒めた具材を戻し軽く炒めます。最後に粉末ソースを絡めて出来上がり。お好みで青のり、紅しょうがを添えて下さい。

 

この情報は「バイキング」で紹介されました。4つのコツを使うのと使わないのでは仕上がりがかなり変わってきます。家の焼きそばは水っぽいという人は、是非この作り方をお試し下さい。

 

 

家のコンロでパラパラ炒飯を作る3つのポイント

  パラパラで美味しいチャーハンを作る方法、沢山紹介されていますが、正しいチョイスをしないと美味しくなくなってしまいます。

ポイントは3つ! ご飯・卵・炒め方です。家で美味しいチャーハンを作る3つのポイントを紹介します。

 

1.ご飯は炊きたてのご飯を使う!

パラパラなチャーハンを作るのに一番適しているのは炊きたてのご飯です。冷ご飯を使うとベチャっとした仕上がりになってしまうのでやめましょう。

チャーハンをパラパラに仕上げるには熱が必要です。冷ご飯を使うとフライパンの温度が下がり熱を加えにくくなります。そして、冷ご飯をほぐす為に長時間炒めるとご飯が潰れてデンプンが出てきます。これがベチャっとなる原因です。チャーハンは炒めすぎてはいけません。

『中華料理のプロは冷や飯で作っているのでは?』
中華店のコンロは、一般家庭の5倍以上の火力があります。それだけの火力があれば冷ご飯でもパラパラに仕上げることは可能です。実際は、プロの方でも炊きたてご飯を使っている人が多いそうです。

 

2.先に卵から炒める!

チャーハンのパラパラ感というのは、お米の水分が適度に抜けて、一粒一粒がモチモチの食感になること、これが美味しいパラパラチャーハンです。これを作るには、先に卵を炒め、そこにご飯を入れるのがベストです。

『卵かけご飯を炒めるのはNG』
パラパラチャーハンを作るコツの1つに卵かけご飯を炒めるというのがありますが、この方法だとお米の回りに薄くコーティングされた卵が熱で固まった状態になり、パラパラというよりは、パサパサなチャーハンになってしまいます。また、コーティングされた卵で米の水分が中に残ってしまいます。

『お米の表面から水分が蒸発する』
これがパラパラチャーハンを作る時に重要な事になります。卵を先に炒めてからご飯を入れ一緒に炒めると、お米の表面から水分が蒸発し、卵や油となじんでパラパラの状態になるわけです。

 

3.炒めてる時は、あまりかき混ぜない!

チャーハンというと、どうしても中華料理店の鍋を激しく振るイメージがありますが、あれは中華料理店のコンロの強い火力とプロのテクニックがなせる技です。

家庭用のコンロで鍋を振りよくかき混ぜると、ご飯が潰れベチャとしてしまいます。家庭用コンロでしっかり炒めるならば、フライパンとご飯がしっかり接するようにして、ご飯を必要以上にかき混ぜないようにして短時間で仕上げるのが良いでしょう。

 

この情報は、「世界一受けたい授業」等のテレビ番組で紹介されました。

【我が家のやり方】
冷ご飯をチャーハンにする時はレンジで温めてから炒めるようにしています。チンすることで炒める時間も短くなり美味しく仕上がります。

炊きたてのご飯がベストらしいのですが、炊きたてのご飯をチャーハンにするのは勿体ない感じがします。炊きたてのご飯は他のオカズと一緒に食べたいですねぇ(笑)

 

【編集後記】

以上、料理のコツ5選でした。どの料理方法もちょっと一手間加えるだけのもの、この一手間で料理の仕上がりがかなり変わります。特に野菜炒めと焼きそば「家で作るとベチャっとしてる」と感じてる人に是非試してもらいたいです。