その情報 詳細はよ!

テレビ番組等で紹介された様々なやり方、対処法、おすすめをまとめています。

幸運をキャッチ出来るかも?評論家の考える運とは

「ホンマでっか!?TV」の情報

『運というものは本当にあるのか?』

サンアート 開運雑貨 「 金運上昇 」 ハッピーキャット 猫の置物オブジェ 大 イエロー SAN605

2016年1月20日に放送された「ほんまでっか!?TV」で語られた情報の一部抜粋です。
「運は本当にあるのか?」というテーマで評論家の意見が沢山出ました。

先生達が話してくれた中で、特に私が感心したものだけを抜粋しました。 

 

(心理評論家・植木理恵 先生)
『運が良い・悪いというのは統計学上では平等と言われている。』

これは人の持っている運の量はみんな同じという考え方でもあります。
良い事があったら必ず悪い事が起こるという考え方ですね。

 

ただし、“運が良い人は運をキャッチする人”

ここが植木先生の話で一番興味深かったところ

つまり、日常にある運を拾えるチャンスは平等にあるが
運が良い人は、その運をキャッチできる状態をキープしているというわけです。

 

運をキャッチしている人の特長は以下の4つ
・よく笑う人
・現金を持ち歩いている人
・ペンと紙を持ち歩いている人
・1人で食事しない人

 

運をキャッチしている人を統計学的データで見るとこの4つの特長があるそうです。
お一人様コースが多い現代、自ら運を逃している人が多いのかもしれませんね。


 

(環境評論家・武田邦彦 先生)

 『人生で運の量が同じということはない』

これは人生で良い事と悪い事はプラマイゼロにはならないという武田先生の意見
先程の植木先生が話してた内容とは違う意見ですね。

 

武田先生が言うには、
人生は短く、起こる運は数が少なすぎる為、必ず偏りが生まれてしまう。
確率的には10万回繰り返さないと幸運と不運の数は同じにはならないので
生きている間幸運続きだった人や不幸続きだった人も現れるとのこと

 

基本的には植木先生と同じで運は平等なんだけども
人生の長さを考えれば平等にはならないという事のようです。

 

偏りがあるならば、運をキャッチ出来るように日々行動しないといけませんね。


 

(脳科学評論家・澤口俊之 先生)
『ラッキーアイテムを身につけると運が良くなる』

学者の先生がラッキーアイテムと言い出したのは驚きましたが
運かどうかはわからないが実験データとして出ているそうです。


ラッキーボールですよと言ってゴルフのパットをする⇒パットの成功率上昇
ラッキーペンですよと言ってテストを受けさせる⇒成績アップ

 

ただし、これはそのアイテムのもたらした運かどうかは分からないそうです。
ラッキーな物を持ってるから出来る!と自己暗示にかかるだけなのかも


 

【編集後記】

以上が、運に関するホンマでっか!?な情報の抜粋です。

自分のまわりの人を見ても、運が良い人・悪い人がいて偏りは確かにありますね。
ツイてる人はとことんツイてて、ツイてない人はとことんツイてないという感じ。

 

 一番興味深かったのは植木先生がおっしゃった「運をキャッチする人」

運が良い人と運が悪い人、やはりどこかに違いがあるんだと思います。

4つの特長を挙げていましたが、逆にいえばその4つを実践すれば運が良くなるのかもしれません。

 

そう考えるとラッキーアイテムもあながちバカに出来ないのかなと思います。

それが自己暗示だとしても、ラッキーアイテムを身に付けるという行動を起こしています。

 

何も行動せずに「運が悪い」と言ってるだけでは、幸運はキャッチ出来ないんだろうなと思いました。