その情報 詳細はよ!

テレビ番組等で紹介された様々なやり方、対処法、おすすめをまとめています。

ワイシャツの黄ばみ汗ジミ落とし プロのテクニック

日本テレビ「PON!」で紹介されたやり方です。

『プロ直伝 汗ジミ・黄ばみ落としテクニック』

[ハルヤマ] i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 速乾 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ オフホワイト ゆったりサイズ 長袖レギュラーカラー M151180111 LL86(首回り43cm×裄丈86cm)-(日本サイズXL相当)

ワイシャツの襟や裾の汗ジミや黄ばみ
白いワイシャツの黄ばみは目立つしとても気になりますね!

洗ってもなかなか落ちないこの黄ばみ
クリーニングのプロが汗ジミ・黄ばみ落としのプロ技を教えてくれました。

 “オキシドール+アンモニア水で落とす!”

クリーニングのプロは、オキシドール+アンモニア水で黄ばみを取ります。

両方ともドラッグストアで購入出来ますし、肌に付けるものなので安心です。

 

【黄ばみ落としの作り方と使用方法】

黄ばみ落としは、オキシドール5、アンモニア水1の割合で混ぜて作ります。

1.汚れを取るためにワイシャツを普通に洗濯します。

2.習字の筆などを使い、黄ばみの目立つ部分に作った溶液を塗ります。

3.溶液が乾くのを待ちます(待ってる間に黄ばみが取れてきます)

4.黄ばみが取れたら、水洗いして塗った溶液を洗い流します。

 

“なぜ、黄ばみがとれるのでしょうか?”

オキシドールとアンモニア水を混ぜると酸素が発生します⇒この力で黄ばみを分解
この酸素が重要で、作った溶液は2時間もすると効果が無くなってしまいます。

黄ばみ落としをする直前に必要な分だけ作りましょう。

 

この溶液は、食べこぼしなどで出来たシミにも使えます。

 

“色柄物のシミを落とす時は、オキシドールを水で2倍に薄めてから使う”

色柄物の場合は、裾の裏側やシャツならボタンの裏側でテストをしてから!

色が抜けても大丈夫な場所に付けて、色が抜けないか見てから使いましょう。

  

【第3類医薬品】オキシドール 500mL

【第3類医薬品】オキシドール 500mL

  • 発売日: 1986/03/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

  

【第3類医薬品】アンモニア水 100mL

【第3類医薬品】アンモニア水 100mL

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 【編集後記】

頑固なシミ・黄ばみを落とすなら、この方法は効果バツグンです。

ただ、5:1の溶液を作るのが若干面倒というのがネック、作り置きも出来ませんし

頑固なシミじゃなければ、洗剤の「ウタマロ」で十分落ちます。

ウタマロでも落ちない時には、この方法を試しています。